ED治療薬レビトラ

ED治療薬レビトラ/すばらしい効き目の早さを体験

ED治療薬レビトラ

ED治療薬レビトラはドイツ・バイエル社と英国グラクソ・スミスクライン社で共同開発されたED治療薬で,日本では、2004年に認可されています。

 

バイアグラの後に発売されたので、今一つインパクトに欠ける部分はありますが、バイアグラに足りない部分を補って余りがあるすばらしいED治療薬なんです。

 

ED治療薬レビトラは、バイアグラの欠点を研究して作られているため、効果が表れるまでの速さや食事の制限を受けない点など、バイアグラ以上の長所を持っています。

 

ED治療薬レビトラの特徴の一つは、「食事の影響が少ない」事です。

 

 

バイアグラは食事をしてから服用すると効果がありませんが、ED治療薬レビトラは食事の影響はほとんどありません。

 

ただし、脂分が多い料理の場合は、効果が表れるまでに多少の時間がかかることがあります。

 

パートナーとゆっくり食事を楽しんで雰囲気が良くなってからベッドインできるので、セックスもスムーズに始められますよね。

 

ED治療薬レビトラの特徴の二つ目は、バイアグラより早く効果が表れることです。

 

バイアグラは飲んでから30分以上しないと効果が現れませんが、レビトラは早い方ですと15分位で効果が表れてきます。

 

なので、急に予定外のデートが入ってしまった時でも十分間に合います。

 

効果の持続時間も、バイアグラが5時間程度に比べて、ED治療薬レビトラは8時間の効果があります。

 

 

わずか3時間の違いですが、この差は「余裕の差」になり、EDの原因の一つである心理的なプレッシャーを感じなくてすみます。

 

ED治療薬と言えば「バイアグラ」という先入観を捨てて、このサイトで紹介する「レビトラ」や「シアリス」など、バイアグラを凌ぐED治療薬を試してみましょう。

 

「シアリス」などは最近週刊誌などに頻繁に取り上げられていますので、目にした方もいるのではないでしょうか。

 

それぞれ特徴が違っているので、一つに決めるのではなく、3種類を試したうえで状況に応じて使い分けるのが賢い方法だと思います。

 

ED治療薬レビトラをさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ED治療薬レビトラ・ジェネリック

最近の薬局では「このお薬にはジェネリック薬もございます」と説明してくれるところが増えてきました。

 

行政指導の関係かもしれませんが、我々患者にとってみればとても良いことだと思いますね。

 

ジェネリック薬が発売された当初は、ジェネリック薬がゾロゾロ出てくることから、医師からも「ゾロ」などという属名で呼ばれていた時期もありました。

 

 

当時に比べて、ジェネリック医薬品の認知度も最近はかなり上がってきていますが、先発薬と名前が全く違うことを知らないために、別の薬と勘違いしている人もいるのではないでしょうか。

 

ED治療薬「レビトラ」のジェネリック(正確にはコピー薬)としては、「サビトラ」や「ジェビトラ」と言う名前ですから。

 

ジェネリックの魅力は、なんといっても値段の安さです。

 

「サビトラ」や「ジェビトラ」の20mg1錠は200円弱で購入できてしまいます。

 

「レビトラ」をクリニックで処方してもらうと、20mg1錠2000円ですから、なんと10分の1の値段で購入できるんですから。

 

ただ、クリニックでジェネリックを処方してもらえるのであれば良いんですが、薬事法の関係で「レビトラ」は特許が切れていないため、国内ではクリニックで処方してもらうことはできないんですね。

 

そこで、インターネット通販を利用して個人輸入代行業者からジェネリックED治療薬を手に入れる方法になります。

 

ところが、個人輸入代行業者がみんな「善良な管理者の注意を持って」ジェネリックED治療薬を販売しているかというと、「ニセモノ」の薬を平気で売っている業者が沢山いるんです。

 

 

ある調査によると、通販で流通しているED治療薬の60%は「ニセモノ」とのデータがあるくらいです。

 

もし「ニセモノ」を飲んで副作用が出ても、個人輸入したジェネリックED治療薬は「医薬品副作用被害救済制度」の適用外のため、どこからも救済を受けることが出来ません。

 

 

インターネット通販は、あくまでも「自己責任」の世界なんです。

 

ちなみに、ここのサイトで紹介している業者は安心して購入できる業者です。

 

最後に最新の情報ですが、「前立腺肥大症による排尿障害」の適応として厚労省に承認された薬剤である「ザルティア錠2.5mg・5mg」が4月から販売されています。

 

「ザルティア」はED治療薬「シアリス」と同じタダラフィル錠なのですが、あくまでも「前立腺肥大症による排尿障害」の薬として保険適用される見込みです。

 

ということは、ザルティア5mg錠を4錠飲めば、シアリス20mg錠と同じ効果が得られるという事になりますよね。

 

ED治療薬レビトラをさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

ED治療薬レビトラ・通販

ある民間機関の調査によると、インターネットの通信販売で利用されている商品の上位は、ED治療薬やデリケートゾーンの薬など、直接薬局に行って買うことに抵抗を感じる商品が占めています。

 

たしかに、薬局の店員さんとは言っても、使用目的がちょっと恥ずかしい商品を購入するのは嫌ですよね。

 

そんな需要と供給が一致して医薬品のインターネット通販が急激に増えています。

 

 

2014年6月12日には医師の処方箋なしに買える市販薬のインターネット販売が解禁され、この勢いはますます大きくなっていくと思います。

 

ED治療薬「レビトラ」もご多分に漏れず、ネット通販で購入できます。

 

しかし、初めてED治療薬「レビトラ」を使用する場合は、恥ずかしいかもしれませんが医師の診察を受けて処方箋を出してもらってください

 

なぜなら、ニトログリセリンなどの硝酸剤を服用されている方がED治療薬「レビトラ」を服用すると、血圧が急激に下がってしまい、重大な副作用を起こしてしまうからです。

 

そのような危険を回避するためにも、多少の費用負担になりますが、きっちり病院で問診等を受けたうえで薬を手に入れて下さい。

 

 

安全が確認されれば、今度は個人でインターネット通販を活用して「個人輸入代行業者」からED治療薬「レビトラ」を購入してください。

 

このとき、最も気を付けまければならない事は、「ニセモノ」を扱っている業者からは絶対購入しない事です。

 

インターネット上には「ニセモノ」を扱っている業者が多数存在し、被害者も年々増えています。

 

それでは「ニセモノ」を扱う業者をどのように見分けたら良いのでしょうか。

 

まず第一は、値段が極端に安すぎるサイトです。

 

例えば、値段が安いといわれているジェネリック薬にしても、最低限の費用が掛かっているので、極端に安い金額では販売できないはずなんです。

 

あとは、業者として存在している事です。

 

NTTのタウンページに記載があるかどうか調べてみたり、104から電話番号を確認してみる事も必要ですね。

 

ちなみに、ここのサイトで紹介している業者については、「正規品」のみの扱いをしていますので、安心して利用できると思います。

 

ED治療薬レビトラをさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ED治療薬レビトラ・飲み方

現在ED治療薬として購入できるのは、「レビトラ」「バイアグラ」「シアリス」の3種類がほとんどです。

 

これら3種類の薬は同じED治療薬とは言っても、それぞれ違う特徴を持っています。

 

例えば、ベッドインのどのくらい前に服用するのが最も効果的なのかと言うと、「レビトラ」「バイアグラ」は1時間前の服用ですが、「シアリス」は長時間効果が持続するため吸収が遅く、3時間前の服用が効果的なんですね。

 

また、作用時間も「バイアグラ」は5時間、「レビトラ」(20mg)は10時間、「シアリス」(20mg)は36時間と、それぞれ作用時間が違います。

 

このようにそれぞれの「個性」がある3種類のED治療薬ですが、共通している事があるんですね。

 

それは、それぞれの薬の効果を100%発揮させるための「飲み方」なんです。

 

「飲み方」といっても何も難しい事は無く、ポイントは「空腹時に服用する」ことなんです。

 

「空腹」とは、胃の中に食物が何も入っていない状態のことです。

 

なぜ空腹時が良いかと言うと、胃の内壁にある毛細血管から成分が血液中に吸収されるのに最も良い条件だからなんです。

 

空腹時にお酒を飲むと、早く酔いが回ります。

 

それは、アルコール以外の食物が胃の中に入っていないので、アルコールが優先的に血液中に吸収されるためなんです。

 

この飲み方を実践する事は結構大事で、「ED治療薬を飲んでも期待したほどの効果を実感できない」という苦情の大部分が「空腹時に服用していない」事が原因なんですね。

 

「食事に影響されない」というメリットを持っていたとしても、大原則は「空腹時に服用する」ことなんです。

 

正しい飲み方で最大の効果を発揮するED治療薬レビトラをさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 


ホーム RSS購読 サイトマップ